牛鬼(ウシオニ)

恐怖の宇和島の牛鬼

お子様号泣必至の「牛鬼」

おそらく日本の祭礼において、秋田県の「なまはげ」と並ぶ恐怖の存在ではなかろうかと思うほどの姿。こんな巨体が迫ってきたら大人でもひるんでしまいます。西日本の、主に海岸に現れ、浜辺を歩く人間を襲うとされている存在として、各地で伝わっています。日本各地に残る牛鬼伝説の中でも、宇和島地方のものは特に知られているようで、イベントはもちろん、ロゴやキャラクター、商品のモチーフなどにもなっているほどです。

祭礼としての役割

家串の牛鬼南予地方では神輿の先導役、家のお祓いとしての役割となっているらしいです。もともと悪霊や妖怪といった、災厄の存在だった牛鬼ですが、これは「退治した存在を封印の意味を込めて、神様として奉る」日本古来の文化の典型だと思われます。「これ以上の災いがないように、これからも平穏で栄えるように」という願いが込められた存在が牛鬼というわけです。退治された当時の牛鬼の霊力の強さからいって、並みの悪霊に取り付かれたくらいなら、牛鬼で追い払うことくらいわけなさそうですね(笑)。

新情報が入り次第追加予定!

ただいま張り切ってコンテンツ作成中!

top